コロナ渦でカジノは再開できるのか?ソーシャルディスタンスは?

昨今のパンデミックは、世界経済に大きな影響を与えました。今日に至るまで、私たち人類はあらゆる方法でパンデミックに立ち向かってきましたが、新型コロナウイルスのせいで、多くの人の2020年の計画が台無しになったのは間違いありません。特に、都市部では、爆発的に感染が拡大し、医療が逼迫すると、政府は人流をコントロールするためロックダウンを行うほかありませんでした。ロックダウンの目的は、人々に自宅で自粛してもらい、他者との接触を最小限にすることです。

このパンデミックの影響を大きく受けた施設の一つに、「カジノ」があります。初期段階では、政府はさまざまな事業の運営を認めていましたが、感染拡大のピーク時には、必要不可欠な事業として分類された運営のみに制限されました。世界各地の製薬会社が開発したワクチンがある今、2021年にカジノが復活する可能性はあるのでしょうか?それについては、まだはっきりとはわかりません。世界中の人が新型コロナワクチンを必要としているので、国民の大半がワクチンを接種するまでには少なくとも1年はかかると予想されています。

コロナ渦の中、カジノは再開できる?

では、カジノは近いうちに再開できるのでしょうか?それは場所にもよります。たとえば、米インディアナ州在住の方であれば、ソーシャルディスタンスのルールに従いさえすれば、再びカジノを訪れることができるでしょう。カジノ店舗では、プレイヤー同士が6フィート以上離れていなければならず、もちろんマスクも着用しなければなりません。

また、カジノ内の指定された場所以外で食事することもできません。ソーシャルディスタンスが守られているレストランでしか食事ができないのです。

このように、カジノが元通りにフル営業できるまでには、相当の時間がかかりそうです。カジノ内で遊ぶ人の数を制限し、ソーシャルディスタンスを適切に保つことが重要です。また、可能であればゲームの道具を共同使用しないほうがいいでしょう。それができない場合は、カジノ内にアルコール剤を設置し、プレイ中に定期的に手を消毒できるようにしておくべきでしょう。

パンデミックによる収入減

間違いなく、今のカジノは、以前のカジノとは違います。パンデミックの影響で、多くのカジノが従業員を解雇しています。このような状況下では、カジノに訪れたとしても、以前とは違った体験になるでしょう。また、パンデミックの影響で営業停止したままの店舗や、余儀なく閉店した店舗もあり、以前のような楽しさや賑やかさは無くなるでしょう。

とはいえ、ワクチンが開発されたこともあり、パンデミックは終息に向かっているようです。来年には元通りに戻っている可能性もあります。しかしもちろん、感染症が深刻な問題であることに変わりはありません。

数日前、ラスベガスでは、カジノの従業員がワクチン優先接種のグループに含められました。カジノに対する顧客の信頼を高め、再びギャンブルゲームで遊んでもらうのが狙いです。

いまだ、多くの人が日々コロナウイルスに感染していますが、特筆すべきは数ヶ月前に比べれば良くなっているということです。すべての人がワクチンを接種できれば、従来通りにカジノが復活する可能性もあるのではないでしょうか。

 

コロナ渦でもカジノに行けるのか?

昨年から続くパンデミックにより、カジノを訪れるべきかどうか悩んでいる人は多いようです。カジノに行くのであれば、様々なことを考える必要があります。まず、どのカジノに行くかです。やはり、ラスベガスでしょうか?インディアナ州でしょうか?そして、訪れる先の感染者数を必ず確認してみてください。こうすることで、カジノに行く際の感染のリスクが分かります。

次に、規制当局やカジノ経営者が定めたルールに必ず従いましょう。ほとんどのカジノは、人と人とが少なくとも6フィート離れていなければならないという、ソーシャルディスタンスのルールを導入しています。また、常にマスクを着用し、定期的に手を消毒することも重要です。こうしたことは、カジノに訪れた人それぞれができる対策です。しかし、これで100%確実に安全を保証できるのでしょうか?もちろん、リスクを負っていることに変わりはありません。いつどこで、コロナウイルス陽性者と接触しているかは、目で見てもわからないものですからね。